スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Draw debut continues - 引分開幕戦続く

4月第二週(現地時間)、日本人選手が所属するUSLクラブの開幕及びデビュー戦が続きましたが、引分続きです。

USL2部のクリスタルパレスUSA所属の原田慎太郎選手はチームの顔として開幕ゲームパンフレットの表紙を飾るほど。フル出場するものの、ピッツバーグ・リバーハウンズとは0-0の引分。

USL1部のチャールストン・バッテリー所属の吉武剛選手は、就労ビザも無事に取得し、10番を背負って、遅れてのデビューを飾りました。フリーキックも蹴り64分に交代するまで奮闘するものの、モントリオール・インパクトを相手に同様に0-0の引分に終わりました。

Debut of Japanese players continued in the second week of April, with all of them settling in a tie.

USL2 Crystal Palace USA - Shintaro Harada who is one of the marquee players of the club, made the opening match game day program's front page. Played all 90 minutes to lead the team to a 0-0 draw against Pittsburgh Riverhounds.

USL1 Charleston Battery - Tsuyoshi Yoshitake who obtained his visa, debuted with #10 on his back. Had a close free kick and did his best until the 64th minutes, but ended in a 0-0 draw against Montreal Impact.

Photo (c): www.uslsoccer.com
Photo (c): www.uslsoccer.com

Photo (c): Shintaro Harada
Photo (c): Shintaro Harada

Photo (C): Charleston Battery Official Website
Photo (C): Charleston Battery Official Website
スポンサーサイト
2009-04-19(Sun)
 
Profile

SportsInteli

  • Author:SportsInteli
  • info@leadoffsportsmarketing.com
最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。